塗るつけまつげとは?

つけまつげは、目元に主張を持たせることのできる便利なメイク用具ですが、脱着に手間や時間がかかったり、自分にあったものが見つけにくいというデメリットもあります。そこで、脱着型のつけまつげに抵抗感がある人におすすめなのが「つけるまつげ」タイプです。つけるまつげというと「マスカラのことじゃないの?」と思うかもしれませんが、つけるまつげとマスカラは似て非なるものです。
最近では目元メイクは大人気なので、つけまつげをはじめマスカラなどアイメイク用品は大変たくさんの製品が販売されています。涙や汗にかなり強いものも取り扱われているので、一昔前のような「パンダ目」に悩むことも少なくなりました。そんなアイメイク用品の中でも特に注目なのがこの「塗るまつげ」です。
最も使い方自体はマスカラとそう大きな差があるわけではなく、アイメイクの仕上げとしてまつげに塗って使います。ただし仕上がり効果はマスカラよりもつけまつげに近い、ボリューム感と主張にあふれたものになります。重ねて塗ることもできるので、自由にボリューム感の調製も可能です。
マスカラの場合には、ダマができるなど特有の悩みがありました。しかし塗るまつげの場合はマスカラよりも伸びのある素材でできているので一カ所に固まってしまうこともありません。また、水に強いので涙や汗で流れてしまうこともありません。大手化粧品メーカーを中心に販売されているので、ぜひ一度試してみてください。