つけまつげを使う前に

つけまつげを上手に生かすためにも、まずはアイメイクの基本的なアイテムをそろえ、ベーシックな流れと仕上げ方を覚えておきましょう。慣れないうちはなかなか上手にまとめることができにくいアイメイクですが、自分にあったアイテムを見つけて使えるようになれば、平均的に美しい目元を素早く仕上げることができるようになります。ぜひチャレンジしてみてください。
アイメイクの三種の神器といえば「アイカラー」「アイライン」「マスカラ」です。この三種類なくしてアイメイクを語ることはできません。アイカラーはアイメイクの最初にまぶたに乗せる色ですが、この色合の調製はその人それぞれの目元の形やなりたいイメージによって変わります。そこで、アイカラー用品としては一種類だけでない、少なくとも三種類くらいの色が一緒になっているパレットを使うようにしましょう。最初でどんな色を使えばよいのかわからないという人は、まずは無難なブラウン系がお勧めです。
次にアイラインですが、これは三種類があり「ペンシルタイプ」「リキッドタイプ」「ジェルタイプ」のアイライナーにわかれます。最も手軽に使えるのが「ペンシルタイプ」で、どのように応用するにしても一本は気に入ったものを持っておくとよいでしょう。
最後にマスカラですが、これはマスカラ本体以外に「マスカラベース」としてマスカラのノリをよくするための道具もあります。まつげのボリュームに自信がない人は、ベースをあわせて使うようにしましょう。